銀行系の消費者金融は銀行カードローンとはどう違うのか?

近年増加している銀行系消費者金融とは、銀行が全額出資の子会社を設立して新たに消費者金融を運営しているケースと、
既存の消費者金融の株式取得や出資等を通じて資本提携や業務提携、またはグループ企業化したケースがあります。

 

いずれにしても、消費者金融として貸金業者であることに変わりはなく、銀行とは異なっています。

 

興味深い点は、子会社設立により消費者金融を開業した銀行も、既存の消費者金融を傘下に収めた銀行も、
銀行独自のキャッシングサービスやカードローンを手掛けている点です。

 

つまり、子会社や傘下にある消費者金融と商品や業務が競合しており、
消費者の側からみればライバル関係にあり、比較のうえ選ばれる関係にあるのです。

 

近年の日本の経済状況は長く不況下にあり、収入の減少やリストラにより多重債務者や
返済できなくなる人が増大する事態に陥っていました。

 

多重債務者防止のため貸金業法が改正され、消費者金融では年収の3分の1を超える貸し付けができなくなっています。

 

これは銀行系消費者金融でも変わりはありません。
一方、銀行のカードローンは以前より消費者金融に比べて大口で低金利をウリにしていました。

 

大口低金利の貸付を行うには、返済能力の高い人でないと貸すことができません。

 

不況による収入減少や非正規社員の増加に伴い、銀行カードローンの審査に通らなくなった人の受け皿として、
小口で金利が高めの銀行系消費者金融を開業し、トータルであらゆる利用者を取り込もうという狙いがあります。

 

手続き方法やカードローンの利用の仕組みはほぼ同様でも、会社は別ですので、
消費者金融における債務不履行等の損失を銀行が直接被ることはありません。

 

グループ企業全体として、収益獲得を目指す体制がととのっているのです。